日々の歯の悩みと向き合うデンタルケアサポートサイト

>

セルフケアによる歯垢蓄積の抑制効果と限界

そもそも歯石とは何か

虫歯や歯周病の原因として、口腔内の悪性口内細菌が挙げられますが、歯石も悪性の口内細菌に起因するもので、口腔内の食べかすに含まれる糖分に口腔内の細菌が群がることで形成された、細菌のコロニーであるプラークが固形化し凝固した物体が歯石というものの正体です。

つまるところ、歯石とは悪性口内細菌の塊が固着したものであるため、当然、口腔内全体に悪影響をもたらし口腔内環境を悪化させますが、歯石にすぐさま虫歯や歯周病を発症させるほどの影響力があるのであれば、常在する悪性口内細菌だけで虫歯や歯周病が頻発しかねませんので、リスクはそこまで大きくありません。

ただし寝不足や病疾患、ストレスといった、外的要因により免疫力が低下した際、虫歯や歯周病が発症するリスクが高まりますし、取り除かなければ歯石と共にリスクが大きくなっていくため、軽視することなく、適宜取り除いてください。

歯石と歯垢の違い

前述の通りに、歯石とは口腔内で悪性口内細菌がコロニーであるプラークを形成し、これが固着したものに他なりませんが、悪性口内細菌のコロニーであるプラークが歯垢であり、歯垢が固まったものが歯石であることから、両者の関係は密接で、歯垢が生じなければ歯石が歯石として固着して形成されることもありません。

そのため、歯石と歯垢の関係は氷と水のようなものであり、それぞれが口腔内の悪性口内細菌が口腔内でとる形態に過ぎませんので、どちらも悪性口内細菌であることに変わりはありませんが、歯石は硬化によって固着している分、歯垢に比べると取り除きにくくなっており、歯石除去用のスケーラーと鏡があれば、自力で取り除けないこともないものの、歯科医院に比べれば精度で劣ることは免れないため、歯科医院で取り除いてもらうのがベターです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る