日々の歯の悩みと向き合うデンタルケアサポートサイト

>

歯石を取り除く費用の抑制

歯石除去に必要な費用

虫歯や歯周病といった口腔内で生じるメジャーな病疾患への対策として、歯科医師が推奨する歯石の除去は、口腔内にある悪性口内細菌の塊が固着したものを取り除くため、口腔内の環境にとって、当然、プラスに働くものの、虫歯や歯周病といった病疾患ではないことから、医療保険が適用される保険診療ではなく、医療保険が適用されない自由診療です。

医療保険が適用されないということは、診療に必要な費用は自己負担ということになることを意味し、純粋に歯垢や歯石を取り除くために歯科医院でクリーニングを受けると、最低でも5000円以上、最悪20000円越えもあり得るなど、決して経済的な負担は小さくありませんが、虫歯や歯周病の予防検査の一環であれば、保険診療となり3500円程で済ませることができるでしょう。

歯石を取り除く頻度を抑制したいなら

口腔内の環境を維持し、健康な歯と歯茎を守るために、歯石は取り除かなければなりませんが、歯科医師の推奨する3ヵ月という、歯石除去の目安となるタイミングは、意外に煩雑な上に、虫歯や歯周病の予防検査を兼ねれば保険診療となり、費用が約3500円まで抑制可能とはいえ、年間で14000円を要することから、時間や金銭に余裕がない限り、できるだけ歯科医院で歯石を取り除く頻度を抑制したいのではないでしょうか。

歯石を取り除く頻度を抑制する方法は至ってシンプルに、口腔内で生じる歯垢を可能な限り取り除き、歯石の発生を最小限に抑制する以外にありませんので、歯磨きとゆすぎうがいを欠かさず行い、デンタルケア用品で歯間をケアするのがベターですが、完全に歯石の発生を防止することは望めないため、最悪でも年1回は歯科医院で歯石を取り除くべきです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る